年末調整では処理できない所得控除・税額控除

年末調整では、雑損控除医療費控除寄附金控除の3項目の所得控除、はじめての適用となるは住宅ローン控除といったところは処理できません。



このような場合、本来の処理方法である確定申告を行うことにより、年末調整時点で適用漏れであった所得控除や税額控除を考慮した正しい所得税額が計算されます。

確定申告は適用漏れの所得控除や税額控除を発見する年に一度の機会です。

自らきちんと申告しましょう。

posted by 年末調整 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末調整で所得税が戻るケース

年末調整で所得税が戻るケースは、以下のような場合があげられます。

  • 生命保険に入って保険料を払っており、生命保険料控除が受けられる
  • 地震保険に入って保険料を払っており、地震保険料控除が受けられる
  • 確定申告で初回の住宅ローン控除を済ませており、2回目以降を申請する
  • 給与計算の時より、扶養控除の適用となる人がいることが判明した
  • 年の中途で控除対象配偶者の適用対象となる人と結婚した
  • 寡婦控除(あるいは寡夫控除)の申請を年末調整時に行った
  • 障害者控除(あるいは特別障害者控除)の申請を年末調整時に行った

雑損控除・医療費控除・寄附金控除以外でこの他にも適用可能な所得控除があれば、年末調整で申告すると所得税が戻ってきます。



収入から必要経費や所得控除が差し引かれ、課税所得に税率がかけられ、税額控除されるまでの流れです。
所得控除大きければ大きいほど、課税所得が少なくなるため、税額を小さくすることができます。



年末調整で所得税が戻るケースとして紹介した生命保険料控除や地震保険料l控除、2回目以降の住宅ローン控除などは、給料計算の際には考慮されていません。

自身で年末調整できちんと申告することで節税することが可能です。
posted by 年末調整 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注意しておいたほうがいい点

この他にも注意していただきたい点がいくつかありますので、列記しておきます。

  • 「住宅借入金等特別控除」、「特定増改築等住宅借入金等特別控除」に該当する人で、過去に確定申告をして証明書の送付を受けている人は、会社へ関連書類を提出すれば年末調整で手続きが完了し、確定申告が免除されます。
    今年、初めて手続きされる人は、確定申告をしていただく必要があります
  • 今年、再就職した人は、従前の勤務先から「源泉徴収票」の交付を受け、提出してください。
    暦年の収入による精算が完了し、確定申告が免除されます。
    失業給付金は「非課税所得」となるため、申告する必要はありません
  • 扶養親族に異動があった場合や、ご自身が年の中途で障害者や寡婦等に該当するようになった場合は、会社に提出してある「平成23年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」への加筆修正をしてください。
    正しい内容になっていれば確定申告する必要がなくなります。
posted by 年末調整 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者特別控除

扶養している奥様(ご主人)の年間所得が、38万円を超え76万円未満である場合、この控除に該当するようになりますから、記入が必要です。
(パートなどの給与収入に換算すると、年収103万円を超え141万円未満の場合となります。)

もし、配偶者控除の対象として会社に届出してある場合には、そちらを取り消す手続き(下記「注意」欄の後段を参照)も必要となります。
posted by 年末調整 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小規模企業共済等掛金控除

用紙に記載された種類の掛金を支払っている場合、該当する欄に金額を記入してください。
(実際にこの控除に該当するケースは稀であり、一般的ではありません)

こちらの控除も上限金額の設定がありませんので、漏れなく記入してください。
posted by 年末調整 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。