所得税と年末調整

C00286-001G.jpg月々の給料から源泉徴収されている所得税は、確定した税額ではなく、概算によって徴収されています。

また、所得税は、暦年単位で個人毎に集計した所得や控除によって、正式な税額が決まる仕組みになっています。

暦年毎の給与における所得税の精算行為を「年末調整」といいます。
会社(給与の支払者)がその処理をすることになっています。

●年末調整で所得税が返金(還付)されることがあります。
これは概算徴収されていた税の精算結果によるものです。
ですので、場合によっては追加徴収となる可能性もあります。
したがって、「年末調整=税金が返ってくる」という認識を持つのは危険です

具体的には、年収に応じて正しい税額を算定した上で、
  • 正しい所得税額 < 差し引かれた源泉所得税額 の場合には所得税が戻り
  • 正しい所得税額 > 差し引かれた源泉所得税額 の場合には所得税を追加で支払う

手続き全般を指すものです。年末調整で所得税が戻るケースと所得税を追加で支払うケースについて、もう少し詳しくみていきましょう。
posted by 年末調整 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。