地震保険料控除

地震等の損害に対し給付金が支給される保険が対象となり、年間の保険料が5万円以上になれば、控除額は上限金額(5万円)に達します。
それ以上いくら記入しても控除額は増えません。

なお、旧長期損害保険とは、平成18年末日までに契約を締結した長期損害保険(保険期間10年以上で満期返戻金があるもの)を指しています。
こちらは2万円以上で上限金額(1.5万円)に達します。

両方に該当する場合、それぞれの控除額を算出後合計し、全体で5万円が上限金額となります。
(地震保険で5万円以上保険料を支払っていれば、旧長期の記載は不要となります)
posted by 年末調整 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。