注意しておいたほうがいい点

この他にも注意していただきたい点がいくつかありますので、列記しておきます。

  • 「住宅借入金等特別控除」、「特定増改築等住宅借入金等特別控除」に該当する人で、過去に確定申告をして証明書の送付を受けている人は、会社へ関連書類を提出すれば年末調整で手続きが完了し、確定申告が免除されます。
    今年、初めて手続きされる人は、確定申告をしていただく必要があります
  • 今年、再就職した人は、従前の勤務先から「源泉徴収票」の交付を受け、提出してください。
    暦年の収入による精算が完了し、確定申告が免除されます。
    失業給付金は「非課税所得」となるため、申告する必要はありません
  • 扶養親族に異動があった場合や、ご自身が年の中途で障害者や寡婦等に該当するようになった場合は、会社に提出してある「平成23年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」への加筆修正をしてください。
    正しい内容になっていれば確定申告する必要がなくなります。
posted by 年末調整 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。